Excel VBA

【Excel】ボタン一つで標準フォントを好みのフォントに変更する方法【VBA】


Excelの標準フォントを変更したい

Excelでは「ファイル」タブ → オプション → 一般 からデフォルトのフォントを選択することができるようになっている。

(以下は英語表示になっているが、あしからず……。なお、General = 一般です) 

ここでデフォルトのフォントを変えれば、新しくファイルを作った時には指定したフォントが標準フォントとして適用されると思うのだが、なぜかそうならないことがよくある。(少なくとも自分の場合は)

それに仕事でExcelを使っている時などは誰かが作ったファイルをコピーして使いまわすことが圧倒的に多いと思う。

そういう場合は当然自分の好きなフォントではなく、その作成者が指定したフォントが標準フォントになっているので、変更したくなる時が頻繁にある。

 

行番号や列番号のフォントも標準フォント

また標準フォントは普通に文字を打ち込む時だけではなく、行番号や列番号のフォントとしても使われている

新しいバージョンのExcelだと游ゴシックが標準のフォントになっているのでまだマシになったが、昔はMS-ゴシックが標準だったので、行番号や列番号も非常に見にくいものだった。

この標準フォントだが、変更は手動でもできるが、ちょっとだけ面倒くさい。

具体的なやり方は次の通り。

 

Excelの標準フォントの変更の仕方(手作業バージョン)

まず「ホーム」タブの右の方に、以下の画像のような感じでスタイルを選ぶボタン(?)が表示されている。

(表示されていない場合は、Excelのウィンドウを横に広げると表示されるはず)

この画像ではNormalとなっているが、日本語版だったら「標準」と表示されており、ここで設定されているフォントが標準フォントとなっている。

ウィンドウを大きくしても表示されない場合は、(多分日本語では)「セルのスタイル」という表示を左クリックすると

こんな小窓が表示される。

話を戻して「標準」というボタン(?)の上で右クリックして、Modify(多分日本語版では「修正する」)を選択。

すると、こんな小窓が表示されるのだが、この画像では Font が「游ゴシック」となっていて、標準フォント = 游ゴシック となっているのがわかる。

右上に Format とあるので、このボタンをクリックすると

多分お馴染みの書式変更の小窓が表示されるので、好みのフォントに変更すればいい。

なお、フォントだけでなく、フォントの大きさなども設定できる。

マクロ(VBA)を使ってボタン一つで標準フォントを好みのものに変更する

以上のように、手動で標準フォントを変更することはもちろんできるが、結構面倒だ。

そこで、標準フォントを自分が指定したフォントに変更するマクロ(VBA)を作ってみたものがこれ。

Public Sub Change_the_normal_font_style_to_Meiryo_UI()
    
    Dim s As Style
    
    For Each s In ActiveWorkbook.Styles
        If s.Name = "Normal" Then
            s.Font.Name = "Meiryo UI"
            s.Font.Size = 10
        End If
    Next s
        
End Sub

 

このコードは「Meiryo UI」を標準フォントとして設定しているが、他のフォントを使いたい場合は、s.Font.Name = "XXXXX" の XXXXX を自分が使いたいフォントに書き換えればよい。

(例えば、游ゴシックを使いたい場合は、s.Font.Name = "游ゴシック" とする)

また、s.Font.Name = 10 でフォントサイズを「10」に指定しているので、これも好みの値に変えればよい。

 

作成したマクロをリボンに登録する方法

さて、先ほど作成したマクロだが、Alt+F8 のショートカットキーを使えばリボン等に登録しないでも使うことができる。

ただ標準スタイルの変更は(少なくとも自分は)頻繁に使うので、リボンに登録しておいた方が便利だ。

そのやり方については、こちらの記事に書いてあるので見てみてほしい。

 

以上