語学(英語)

【英語】リンキング(リエゾン)について説明した神動画を発見!|音の連結・消失はこれでバッチリ!


英語のリスニングの勉強をしている日本人が大半が悩まされるのが、リンキング(リエゾン)です。

リンキング(リエゾン)の細かい定義は他のサイトに譲りますが、例えば Thank you. という本来2つの語が、実際に会話の中で発音されるときは「サンキュー」という風に1語として連結されるというアレです。

まあ、こういうベタなものはいいですが、二つの音が繋がるだけでなく、音が消えたり、別の音に変化したりといろいろなものがあり、事前に「そういうものなんだ」という知識がないと、いくら聞いても別の言葉に聞こえるだけで理解不能、となりがちです。

それについてわかりやすく解説した本とかないかなー、と思ってAmazonを散策したり、発音系の動画をいろいろ見ていたら、ものすごくわかりやすく説明している人を見つけました。

別の記事でもちょっと紹介しているサマー先生です!

といっても、テレビにも何度か呼ばれて出たことあるようですし、もしかしたら日本の英語教育界隈では有名な方なのかもしれませんが。

もちろんサマー先生が言っていることは、日本語のブログにも書かれていたり、日本人YouTuberなんかも説明していたりします。

(誰とは言いませんが、日本人の英語系YouTuberの中には「リンキングについて詳しく説明しているのは自分だけだ」くらいのことを言っている人もいましたが(界隈では結構有名っぽい人です))

たとえばアメリカ英語で「t」 の音は母音に挟まれると「d」のような音に変わるのですが、「日本人にはそう聞こえるけれど、話しているアメリカ人本人は d ではなく t で発音している(つもりなの)では?」と思うところがちょっとありました。

ですが、こうやってネイティブの方が「アメリカ英語では d に変わる!」と明言されていると、「本当にそうなんだ!」と納得が行きますね。

(こういう音の変化はネイティブ本人も無意識で行っているので、「音を変えてますよね?」と質問しても「そんなつもりはない」と言われることもある、という話をサマー先生もどこかの動画でされていました)

サマー先生はかなりたくさんの動画を作っているので、リンキングについて解説したものをピックアップしてこちらに貼っていこうと思います。
(現在、工事進行中です)

アメリカ英語の「water」の発音、聞きとれますか?!《サマー先生の英語発音講座#17》