Twitter API

「Twitter API v2」を使おうとして泥沼の件①


先日、あるアカウントで Twitter APIの利用申請をしたところ、見事に一瞬にして却下の憂き目にあったのですが、その数日後、なぜか別のアカウントの gmail 宛にTwitterからこんなメールが届きました。

要するに「Twitter API v2を使ってみないか」という招待状のようなものでした。

実は数年前、Twitter APIを使ってBotなどを作ったりしていたことはあったのですが、そのアカウントは凍結されてしまい、今はTwitter APIは使えない状態でした。

ですが、ふとしたことからまたTwitterのツールを作りたいと思い、先述の通り登録申請をしたのですが、昔と違って最近はその申請がかなり面倒になってきています。

昔は利用目的等のいくつかの選択肢をぽこぽことクリックしていけば比較的簡単に(猿でも)申請が通ったのですが、今は利用目的やどんなツールを作りたいのか等を英文で書かなければなりません。

しかも、やっとこさ申請を終えても、私のように「お前がやろうとしていることはTwitterのPolicyに反しているので、それを読んで出直してこい」と言われたり、そうでなくても、他の方を見ているといろいろ追加の質問が来たりするようで、申請を通す難易度が昔に比べ大分上がっているようです。

そんな感じなのでAPIの利用申請は半ばあきらめていたのですが、なぜかTwitter様の方からAPI利用の招待が来たのですから、「渡りに船」とはまさにこのことです。

最初は「向こうから招待が来たと言っても、結局、英語で申請文を書いて、結局落とされるのかな」と思っていたのですが、やってみるそんなことはなく、主な利用目的等をちょちょっとクリックするだけで、APIの必要なトークンなどが発行されました。

Twitter様、ありがとうございます!

とはいってもまだ第一関門を突破しただけで、Web周りのプログラミングのことが全く分かっていない自分にとってはここからが本番でした。
(Twitter APIの利用経験はあるとはいえそれは大分かなり昔のことで、何をやったのかはすっかり忘却の彼方ですし……)

 

今回使えるのは、昔使ったTwitter API v1?ではなく、「v2」というバージョンです。
(もしかしたらv1も使えるのかもしれませんが、その辺りすら定かではない。)

ネットで検索するとTwitter API v1に準拠したやり方でAPIの利用方法を解説した記事はたくさんあるのですが、v2を使ったものは(少なくとも日本語の記事では)あまり見当たりません。

ということで、現在も試行錯誤中なのですが、多少やり方などが見えてきたので、備忘のためにもその辺を記事として書いていこうと思います。

(次回以降に続く……)