Deep Learning

ディープラーニング・機械学習に関する覚書

Pocket

・機械学習の問題は「分類問題」と「回帰問題」に大別される

分類問題→データがどのクラスに属するか、という問題。たとえば、人が写った画像から男女を判別するようなもの

回帰問題→ある入力データから、(連続的な)数値の予測を行う問題。たとえば、人の写った画像から、その人の体重を予測するような問題

・出力層で利用する活性化関数は解く問題の性質に応じて決める。たとえば、回帰問題では恒等関数、2クラス分類問題ではシグモイド関数、多いクラス分類問題ではソフトマックス関数を使うのが一般的

(参考文献『ゼロから作るディープラーニング』(斎藤康毅))