トレード戦略

ポンド円トレード戦略(2021/4/5)

Pocket

いつまで続けられるか書いている本人も自信はないのだが、私がよく触っている通貨のトレード戦略を簡単に書いてみようと思い、この企画(?)を始めてみた。

さて、早速本題に入る。

 

【週足:↑】

チャートを見れば一目瞭然だが完全に上目線で、2018/4以来の高値に到達している。

(ローソク足はボリンジャーバンドの+2σゾーンに貼り付いたまま上昇。エクスパンション中。)

下の画像の黄緑の線のように水平線を引くことができ、ここで下げる可能性もあるが、週足なのでデイトレでは気にする必要はない。

 

【日足:↑】

一番上の青い水平線(日足レベル)を突破して上昇を続けている。

ただボリンジャーバンドの+2σのラインにほぼ触れているし、4/2(金)は小幅な値動きに終わっており、上昇の力は一時的弱まっているようにも見える。

 

【4時間足:↑】

ローソク足は20SMAの上にあり上目線ではあるが、ボリンジャーバンドの+2σゾーンから+1σゾーンに移ってきており、上昇にも一服感がある。

 

【1時間足:レンジ】

買いの力の方が強いが、20SMAを跨ぐ値動きであり、レンジ状態。

上昇の力が弱くなっているので、一度下げたところを狙うのがメインシナリオ。

Aのライン(4時間足レベル)辺りまで落ちると買いやすい。

サブシナリオは、レンジ下限まで落ちることなく価格が上昇し、ローソク足の実体が水色のラインを上に抜けたら、そこからの押し目を狙うというもの。

逆にAのラインを割っていったら、Bのライン付近まで落ちていく可能性が高いので、デイトレとしては調整波を取りに行くことになる。

いずれにせよ、今はレンジの真ん中辺りという一番中途半端なゾーンに価格があるので、明確な動きがあったのを確認してからエントリーするのが良い。

以上