FX相場解説

2018年10月01日(月) 検証

Pocket

【月足】

【D1】

下降のエリオット波動が終わって、上昇のエリオット波動の第3波に見える相場。140円のところに強めの抵抗ラインがある。

 

【H4】

【H1】

直近の上昇のFR38.2%のところで反発したが、勢いが弱く、上昇はおろか、高値更新もできずに上値を切り下げてきたところ。レンジに入った感じ。

なお、200SMEと接触したところで反発している(AとB)。

 

【トレード①】

レンジ上限付近(148.900)で上昇が止まってきたので売り目線。5分足で3回切り下げてきたので売り。トレード時にはトレンドラインを引いておらず、ちょうどラインで反発して戻ってきた。だが、M5の直近高値は越えられず、ラインを割って落ちていった。売り買いがはっきりしない相場だし、揉み合ったで決済。(+21.4pips)

<17:05>
指標か何かで1円くらい上昇したが、148.90円の辺りまで戻されて、H1でも長いひげを上髭を作った。それを見て、その辺がレンジ上限を思い、ちょっと売りを考えたが、直近の買いの力が強いので、様子見することにした。

 

【トレード②】

A→Bの上げのフィボナッチ・リトレースメント38.2%のところでもみ合ったが落ちてきたので売り。あまり下がらなかったので、決済してしまった。

ちょっと早い気がしてエントリーしなかったが、M5で3回切り下げているので、リスク高めを承知で赤矢印のところでエントリーしてもよかったかも。(+10.6pips)