Kato Ryo Official Site

抽象度とエネルギーを上げる

感謝を習慣化すると、めっちゃいいことあるかも…

2018/06/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

 

今日は、小さなことに感謝する習慣が身に付くと、心が穏やかになって、Happyになれるぜ!っていう話。

あ、別にどこかの新興宗教に入信したとかではないです(笑)

 

いきなり「感謝する気持ちが大切です」とか言われても、何をいまさらとか、宗教臭いとか、何を理想的なこと言ってるんだよ、って思うだろうし、その気持ちはとてもよくわかります。

自分も、その手のタイトルの本があっても、多分買いませんw

そんな自分ですが、最近、小さなことへの感謝を心がけるようになり、それが自分のメンタル面に、思っていたより良く作用していることを実感し始めました。
それで突然、こんな文章を書いています。

 

じゃ、何で感謝するのが自分のメンタルに良い効果をもたらすのか?
以下、私の勝手な考えです。

何かに感謝している時って、自分の気持ちが光に満ちている、とまではいかないにせよ、ちょっとはプラスの気持ちだったり、少なくとも嫌な気分ではないはずです。
(嫌な気分のまま、感謝することはできない、とも言えます。)

もちろん、小さな感謝の気持ちなんて、ちょっと嫌なことがあったら、すぐに吹き飛んでしまって、不快な気分に支配されてしまいます。

でも、小さなことに感謝するのが習慣になってきて、そういう時間を増やしていけば、その分、嫌な気持ちでいる時間は、だんだん減っていき、逆に気分よく過ごせる時間が増えていく、という理屈です。

 

誰でも、あれが欲しいとか、これをしたいとか、もっと健康になりたいとか、いい人と巡り合いたいとか、いろいろな欲求がありますが、「欲求」を満たした先に欲しているものは、結局「幸せになりたい」「幸せでいたい」っていうことではないでしょうか?
(欲求を満たすこと自体が、自己目的化している場合もありますが、ここでは触れません。)

で、○○がないから幸せじゃないとか、○○があれば幸せになれる、って思ってる人は多いですし、私もそう思うことはもちろんあります。

でも、仮にそういうものが手に入らなくても、小さなことに感謝ができて、そういう時間が少しずつでも増えていけば、気分良く過ごせる時間が増えていく。

それって結局、幸せを感じられる時間が増えていく、っていうことにつながります。

別に欲望を捨てろ、とか、そんな難しいこと言うつもりも、目指すつもりもないですしw、偉そうに説教を垂れるつもりもないです。

ただ、小さな感謝を心がけると、心の平穏を保つのに役立つ、また、感情に振り回されて、無駄なエネルギーを消費することが減る、という非常に大きなメリットがあります。

逆にデメリットはありません。
(「感謝する」ということに対して、メリット・デメリットを考えるのは不純ですが…。)

 

なお、「小さなことに感謝する」ということには、習慣的な面もあるので、最初のうちは意識してやってみるのが吉です。

感謝できることって、意外とたくさんありますよ。

  • 毎日確実に食事を取れること
  • 寝床があること
  • (場所にもよりますが)マスクをせずとも空気を吸えること
  • よく眠れて気分がスッキリしていること(寝不足で辛いときのことを思い出すと、それだけでかなり幸せです)
  • (例外もありますが)身の危険に怯えながら暮らすことなく生きられること
  • 言論の自由がある程度保障されていること(権力者をぼろくそに批判しても逮捕されないw)

また、人によって状況は様々だと思いますが、家族や地域の隣人、職場の人、何かのサービスを提供してくれる人など、自分が関わる人に対する感謝というのももちろんあります。

ただ、意識して習慣化しないと、すぐに、今までの不平不満だらけの自分に戻ってしまいます。
やってみればわかりますが、「感謝」っていうのも結構習慣的な面がありまして、意識してやっていると、自然に感謝する癖がついてきますw
長くなったので、今日はこの辺で…。
これに関しては、また書きたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 抽象度とエネルギーを上げる , 2018 All Rights Reserved.