Kato Ryo Official Site

抽象度とエネルギーを上げる

ちょっと待った!そんな自己投資は失敗に終わる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

私は若い頃から、自己啓発や成功哲学の本などは結構読んできたので、自己投資が大切とは思っていて、それなりにそういうものにお金を使ってきました。

(その手の本には必ず「自己投資は大切!」って書かれていますよね。
私のメンターも、年収3,000万円くらいになるまでは、株やFX、不動産等への投資ではなく、自己投資にお金を使うべきだと言っていました。

ですが、自己投資も気をつけないと、ただの無駄な出費に終わってしまうので、注意が必要です。

今日は、過去の失敗したと思う自己投資を振り返って、無駄になりやすい自己投資について書いてみようと思います。
(もちろん、一見失敗と思えることも、学びにすれば失敗ではなくなるのですが、それはさておき、の話です。)

 

自己投資で失敗する理由は、一言で言えば、「(自己投資をしないことで)損をしたくないという気持ちから、冷静になって考えられていないため」なんですが、これだけだとわかりにくいので、もう少し具体的に書いていきます。

 

①よく調べない自己投資

よく調べないで、しょーもない本や情報商材を買ってしまったり、というやつです。
これは論外ですが、金額が張らないものだと、たまーにやってしまいます。
情報商材でも、○○塾とかでも、今はネットで評判など調べられるので、最低限のところは調べてから投資しましょう。
(ただ、ネットの評判はあくまで口コミに過ぎないので、信じ過ぎるのも問題です。
Amazonの書評でも、しょーもない理由で、良書に★1とかつけてる人もいますので。)

 

②不安感や焦り、義務感から行う自己投資

 

成長のためには勉強しなければならないですし、そのために自己投資をするのは大切なのですが、「~しなければならない」や義務感、また「何もしていないと不安だ」というような漠然とした不安感や焦りから行う自己投資は、そもそもが無目的なので、身にならないことが多いです。

たとえ目的がなくて、好奇心から行うものであれば身になるのですが、学校の勉強と同じで、義務感だったり、不安感、焦りといったマイナスの感情だけで自己投資をしても、感情が乗らないでのやる気も出ず、結局無駄になってしまいます。

私の経験上ですが、自分の気持ちがネガティブに振れている時期は冷静な判断ができないので、まとまった金額の投資は避けた方が無難です。

 

③煽られての自己投資

 

最近は少なくなってきましたが、情報商材や高額塾が全盛だった頃によくあったのが、煽り文句満載のセールスです。

「このプログラムに参加できるのは3日間限定(※)、この機会を逃したら二度と参加できません!
あなたは、今のままの人生でいいんですか?
自己投資できない人、決断ができない人は一生成功できませんよ!」
みたいな、煽りまくりのセールスレターがネット上によく転がっていました。
(※あるいは、3日後には大幅値上げなど)

期間限定、というのはセールスの常套手段で、それ自体が必ずしも悪いとは言いません。
ですが、本当に3日間限定ならまだしも、実際はそんなことないのに(※)煽って売るのは、単に買い手の判断を鈍らせようとしているだけです。

(※細かくは書きませんが、IPアドレスを変えたり、別のメールアドレスを使って、新規にその販売サイトにアクセスした形にすれば、普通に購入できるケースが大半です。)

また、決断できなければ成功できない、というのも確かですが、間違った決断は、損失や失敗に繋がるだけです。

で、煽られて冷静な判断ができなくなる自分自身にも問題はありますが、私みたいな凡人はたいてい、煽られると冷静な判断ができなくなり、今買わなかったら「損」をしてしまうかもしれない、と思ってしまいます。

そして、損をしたくないという気持ちから、よく吟味せずに商品を購入し、結局、まったく役立たなかった(or 役立てることができなかった)、ということが何度かありました…。

株式投資やFXみたいな投資でも、損をしたくないという気持ちが、さらに損失を膨らませますが、それと同じです。

なお、セールスレターならまだしも、対面で「今決断できない人や、決断を先延ばしする人は、成功できないよ」とか煽ってくる人もいますが、この手の輩は、一見成功しているように見えても、本物ではないと私は思っています。
(私のメンターも、煽りとか一切ありませんし…)

 

④何となく購入に違和感を感じる自己投資

 

露骨に煽られたり、売り手が悪そうとかではないのですが、何となく、購入することにちょっとした違和感を感じる、という場合です。

直感が感じる違和感、と言ってもいいかもしれません。

そういうものを感じながらも、これまた、購入しないことで損をしたくない、という思いから自己投資したことが何度かありますが、こういう時も大体、失敗に終わっています(少なくとも私の場合)。

投資しなかったらどうなるのか、という未来はわかりませんが、直感的に違和感を感じるものに対して、「損をしたくない」というネガティブな気持ちからお金を使うのは、賢い選択とは思えません。

 

 

以上、過去の経験を踏まえて、失敗に終わる確率が高い自己投資について書いてみました。
もちろん、自己投資を100%成功させるというのも無理な話ですが、資源も時間も有限なので、無駄になりそうな自己投資は避けたいものです。

この記事が、あなたが自己投資をする際の一助になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 抽象度とエネルギーを上げる , 2018 All Rights Reserved.