Kato Ryo Official Site

抽象度とエネルギーを上げる

「副業」ではなく「複業」をすべき!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

まいど、加藤亮です!

 

あなたは「複業」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

大企業で頂点付近まで上り詰められる可能性がないサラリーマン(外資系で死ぬほど稼いでいる連中は除く)は、これからの時代を生き抜くために、「副業」ではなく「複業」をすべきと私は考えています。

 

一般的に「ふくぎょう」といった場合に、よく使われるのは「複業」ではなく「副業」です。
あなたは「副業」といったら、どんなイメージを持つでしょうか?

メインになる稼ぎ(代表的なのは、サラリーマンのお給料)があった上で、それにプラスする稼ぎ、文字通り「主」ではなく「副」の稼ぎ、というニュアンスが非常に強いですよね。

そうなると、自分が意識せずとも、「メインの稼ぎじゃない。だから、それで得られる収入はメインの稼ぎより少なくていいし、労力(頭を使ったり、手を動かしたりetc)もかけなくてよい。」というイメージに支配されてしまいます。

ですので、言葉使いの違いではありますが、私は「副業」ではなく「複業」という言葉を使うことを強く勧めていますし、このブログでも基本的に「複業」という言葉を使います。

(余談ですが、人は言葉が持つイメージに強く支配されるので、言葉が持つ概念・イメージに敏感になることはとても大切です。

 

メインの仕事があり、その空いた時間でのお小遣い稼ぎ、という感覚では、文字通り、お小遣い程度しか稼げませんし、そういう感覚で複業に取り組んでも、アルバイトの掛け持ち程度のものしか得られないです。
これは単に金銭的な話だけではなく、自分自身の成長、という意味でも、です。

非常に大事なことなので、声を大にして言いますが、本業だと思って複業に取り組むことで、お金を得られるだけではなく、本業一本では学べないことを学べますし、複業を通じで自分を成長させることができます。これは絶対です!

 

なお、一般的に「複業」というと、メインの会社に勤めながら空いた時間で、別の会社にも勤務したり、あるいは、在宅ワークやリモートワークを請け負うことを指すようです。

単なるアルバイトの掛け持ちとは意味合いが異なりますが、ここで私がオススメしているのは、こういう形の働き方ではありません。

 

一つの会社に依存しない、という意味ではとても素晴らしことだと思います。

ですが、そもそも会社勤めには向き・不向きがありますし、勤め先が複数あったとしても、それだけでは「奉公人」という立場は代わりません。

また、在宅ワークやリモートワークは、気を付けてやらないと、単なる時間の切り売りになりがちです。

 

一つの会社だけで働き、そこに全収入を依存する、というのよりは幾分マシですが、自分はそういう働き方はしたいとは思いません。

私が考える複業というのは、資本蓄積型・ストック型の複業です。
これについては、次回、詳しく説明します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 抽象度とエネルギーを上げる , 2018 All Rights Reserved.