Kato Ryo Official Site

抽象度とエネルギーを上げる

情報発信ビジネスのデメリット

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

こんにちは、加藤亮です!

 

前回は、情報発信ビジネスのメリットについて説明しましたが、デメリットの話を全くしていませんでした。
今日はそれについて書いてみたいと思います。

情報発信ビジネスのデメリット、それはズバリ、

「成果が出るまでに時間がかかる!」

ということです。

 

デメリットらしいデメリットはこれだけです。

 

とはいえ、成果が出るまでに時間がかかる、というのは、決して小さくはないデメリットです。
それは私も認めます…。

ただ「情報発信ビジネス」では、「情報」という形のないもの、目に見えないものを売ろうとするんですから、それは無理からぬことです。

ものすごく濃度の濃い情報を短い言葉で端的に表現できる人なら、Twitterなどであっという間にフォロワーを多数獲得して、すぐにマネタイズ、ということも可能です。
あるいは、ものすごく希少価値のある経験をしてきた人など…。

ただ、そんな能力や経験がある人はごくごく一握りです。

となると、やはり地道にブログを更新したり、Twitterやインスタなど、SNSでの集客など試行錯誤していくしかありません。

ですので、どうしても成果が出るまでに数か月とか、かかってしまうわけです。

(なお「目に見えないもの」を見る力は、昔からもちろん大切でしたが、「モノ」よりも「情報」の価値が増していく現代において、その力の重要性はますます高まっています。
「情報発信ビジネス」は、目に見えない「情報」を商品とするわけですから、この力の差がそのまま稼ぎの差に直結する、ということは覚えておいてください。)

 

…というわけで、すぐに成果(=お金)がほしい人には、情報発信ビジネスはオススメできません。
それでしたら物販(転売など)の方が、「モノ」という、目に見えて一定の価値を有するものを扱った方が、結果も出しやすいです。

 

なんだか、物販のススメみたくなってしまいましたがw、情報発信ビジネスは形のないものを扱うだけに、やはりそれ相応の難しさがあります。

ですが、前回の記事で書いたように、メリットもたくさんありますし、やりがいのあるビジネスだ、ということは間違いありません。

また、情報の受け手から、情報を発信する側になることにより、自分の中でいろいろな情報を整理する能力も飛躍的にアップしますし、情報を発信することにより、新しい情報が入ってきやすくなる、という利点もあります。

 

「クリック一つで毎日〇万円が手に入る!」とか、「スマホ一つで誰でも確実に稼げる簡単なビジネス!」ではありませんが、情報発信ビジネスは、長期的な視点に立てば、大きな利益を生み、自分や自分に関わってくれる人を成長させることができるビジネスなのです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 抽象度とエネルギーを上げる , 2018 All Rights Reserved.