Kato Ryo Official Site

抽象度とエネルギーを上げる

なぜ「情報発信ビジネス」がオススメなのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

こんにちは、加藤亮です!

今日は、ネットを使ったビジネスにもいろいろある中で、なぜ情報発信ビジネスがオススメなのか、を説明してみたいと思います。

 

情報発信ビジネスがオススメな理由は、5つです。

 

  1. 自分の強みや好きなことでお金を稼ぐことができる
  2. 商品を作るのに原価がかからないので、売上のほとんどが利益になる。在庫も不要。
  3. ブログやメルマガを使い、集客→教育(お客様との関係構築)→販売まで自動化が可能
  4. 自分が作成したブログや集めたメールアドレスが資産になる
  5. レバレッジを効かせやすいビジネスモデルである

 

順に説明していきます。

 

①自分の強みや好きなことでお金を稼ぐことができる

 

だれでも自分の好きなことをやって、それで生活できたらいいなー、と思いますよね。
情報発信ビジネスなら、それが可能です。

なぜかというと、あなただって、自分の好きなことだったら、お金を払ってそれについて教わりたいとか、それに関する情報を得たいと思うと思います。

ネットがない頃でしたら、そういう人を見つけ出してコンタクトを取るっていうのは、かなり大変でした。
でも今なら、ネットを使って、同じような趣味・志向の人たちと簡単につながることができます。

そういう人たちを集めて、自分の持っている情報を有料で販売したり、あるいは直接教えたりといった、ネットがない頃でしたらビジネスとして成立しにくかったことが、今だったらできるわけです。

もちろんジャンルによって、稼ぎやすい、稼ぎにくいっていうのはありますが、マニアックなジャンルだったら、それはそれでコアなファンがいたりしますし、競合も少ないので、戦い方次第です。

 

②商品を作るのに原価がかからないので、売上のほとんどが利益になる。在庫も不要。

 

情報発信ビジネスでは販売するものが「情報」そのものなので、目に見える物を作って売ると違って、原価がほとんどかかりません。
売れれば売れた分だけ利益になる。
まったく売れなかったとしても、在庫になって残るということがありません。

 

もちろん、サーバ代やドメイン、メルマガスタンドの費用というものは多少かかります。
とはいえ、元手がいらないビジネスなんて、この世に存在しませんし、金額だって大したことありません。

(もちろん、自分が手を動かしてブログの文章を書いたり、音声や動画を録ったり、そういうのはありますが、それを人件費とすると話がややこしくなるので、ここでは除外します。)

 

③ブログやメルマガを使い、集客→教育(お客様との関係構築)→販売まで自動化が可能
④自分が作成したブログや集めたメールアドレスが資産になる

 

③と④ですが、これはつながっていて、キーワードは「自動化」です。
自動化できるので資産になる、っていうことです。

 

別の記事で詳しく説明しますが、情報発信ビジネスでは、集客からお客様との関係構築、そして販売という一連のステップを自動化する仕組みというのがあります。

例えばブログですが、ブログは、あなたが寝ている時でも、お酒を飲んでどんちゃん騒ぎをしている時でも、文句を言わずに働いてくれます。

ブログだけでなくメールについても、ステップメールといって、配信を自動化する仕組みがあります。

最終的にコンサルをする(=コンサルという商品を売る)というのでしたら、それ自体の自動化はできませんが、集客から販売のところまでは自動化できます。

 

これはすごいことで、ある程度仕組みを作ってしまえば、そこから先はほったらかしでいい、ということです。
もちろん時代は変化していきますので、ブログにしてステップメールにしてもメンテナンスは必要ですが、そういう可能性があるわけです。

 

それと、④の「メールアドレスが資産になる」について、簡単に説明します。

TwitterのフォロワーやFacebookやLINEの友達なども、自分から情報を流せるという意味ではメールアドレスと同じなんですが、SNSのサービスは移り変わりも激しいんですよね。
最近の高校生はLINEをあまり使わず、みんなインスタに移行している、なんていう話も聞きますし。

それに、SNSですと、何かの理由でアカウントの停止を喰らったり、という危険性もあります。
(最近では、140万人近いフォロワー数を誇る、艦これの公式Twitterが停止された、なんていうこともありました。)

そういうわけで、SNSは非常に重要なんですが、個々のプラットフォームに依存してしまうのはやはり危険です。

SNSを使って人を集めるんですが、それで終わりにせずに、最後はメールアドレスを教えてもらう、という流れが王道になります。

メールアドレスはお客さんが使わなくならない限り、誰かの都合で勝手に使えなくなったりするものではないですし、今後すぐになくなったり、使われなくなったり、という可能性は、個々のSNSのサービスに比べて、圧倒的に低いですから。

以上が、メールアドレスが資産になる、という意味です。

 

⑤レバレッジを効かせやすいビジネスモデルである

 

レバレッジというのは「テコの原理」を意味する言葉なんですが、ここでは、少ない元手や労力で、何倍もの利益を得ることができる、という意味で使っています。

仕組みを作って自動化できるので、ネットビジネスで月に100万円、200万円とか、それ以上稼いでいる人は、ジャンルは異なっていても、やっているのはほぼ間違いなく、情報発信ビジネスなんです。

 

何人も人を雇って、というのでなければ、例えば物販で毎月の利益(注:月収でありません)が200万円、300万円、なんていう人はなかなかいません。
これは単純に、物販で売上・利益を2倍、3倍にしようとしたら、自分の体を2倍、3倍使わなければならないので、どこかで利益が頭打ちになるからです。

 

ですが、情報発信ビジネスだと、売上・利益が2倍、3倍になっても、労働量はほとんど変わらないです。
それが、レバレッジを効かせやすい、っていうことです。

 

なぜ情報発信ビジネスならレバレッジを効かせやすいのか、ということについて、もう少し具体的に説明します。

 

例えば、1万円の商品を売るとします。
いろいろな方法で集めたメールアドレスが、例えば手元に100あって、そこに商品の紹介のメールを流すと、メールアドレス100につき、1個商品が売れるとします。

 

メールアドレスが100しかない場合は、1個しか売れませんが、そこからいろいろ頑張って、いろんな人に紹介してもらったりして、手元のアドレスが1万に増えました。
そうなると、同じように商品の紹介のメールを流しても、今度は100個の商品が売れるわけです。

 

わかっていただけると思いますが、100のメールアドレスに商品を紹介して販売するのも、1万のメールアドレスに紹介するのも、手間としてはまったく変わりません。
でも、売れる金額は1万円から100万円に簡単に増やせるのです。

 

もちろん、メールアドレスの質とかそういう問題はありますが、情報発信ビジネスの場合、そういう可能性があります。

 

情報発信ビジネスの魅力については、大体お分かりいただけたでしょうか?

 

もちろん、世の中メリットしかないものっていうのは存在しません。
このビジネスにもデメリットがありますが、長くなりましたので、それは次の記事で説明したいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 抽象度とエネルギーを上げる , 2018 All Rights Reserved.